CentOS7 「メールサーバー(Postfix+Dovecot)インストール・設定」

Postfix+Dovecotインストール・設定

※CentOS7関連のインストール・設定については「CentOSで自宅サーバー様」を参考に自分の環境に合わせて設定しています。

●Postfixインストール
# yum -y install postfix

●Postfix設定
# vi /etc/postfix/main.cf
myhostname = mail.vicsfactory.com
mydomain = vicsfactory.com
myorigin = $mydomain
inet_interfaces = all
mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain
relayhost = [mail.asahi-net.or.jp] ← ISPのSMTPサーバー名
home_mailbox = Maildir/
smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown

以下を最終行へ追加(SMTP-Auth設定)
smtpd_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtpd_sasl_local_domain = $mydomain
smtpd_recipient_restrictions =
permit_mynetworks
permit_sasl_authenticated
reject_unauth_destination

1通のメールの最大サイズを指定(無制限の場合は0)
message_size_limit = 0

メールボックスの最大サイズを指定(無制限の場合は0)
mailbox_size_limit = 0

●SMTP-Auth設定
# yum -y install cyrus-sasl
# systemctl start saslauthd
# systemctl enable saslauthd

・ISPのSMTP認証ファイル作成
# vi /etc/postfix/sasl_passwd
[ISPのSMTPサーバー名] ユーザー名:パスワード

# postmap /etc/postfix/sasl_passwd

●新規ユーザ追加時に自動でホームディレクトリにMaildir形式のメールボックスが作成されるようにする
# mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}
# systemctl restart postfix

●Postfix自動起動設定
# systemctl enable postfix

 

●Dovecotインストール
# yum -y install dovecot

Dovecot設定
# vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf
mail_location = maildir:~/Maildir

●Dovecot起動
# systemctl start dovecot

●Dovecot自動起動設定
# systemctl enable dovecot

※メールソフト設定時に以下のエラーが出る場合
Plaintext authentication disallowed on non-secure (SSL/TLS) connectionsエラー

vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf
disable_plaintext_auth = no

vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf
ssl=no

 

※ルーターでTCP25番とTCP143番をサーバーに通すように設定する

※メールサーバー再設定後等にメール送信が出来なくなった場合は/var/log/maillogを確認。
「saslauthdが無い」エラーが出ていた場合はsaslauthdを再起動すると復活するかも。。

※外部からメール送信する場合
vi /etc/postfix/master.cf
submission inet n       –       n       –       –       smtpd
-o smtpd_sasl_auth_enable=yes
-o smtpd_client_restrictions=permit_sasl_authenticated,reject

systemctl restart postfix
systemctl restart saslauthd

ルータで587番をサーバーに通すように設定。
外部のメールソフトで送信サーバーのポートを587番に設定し、要認証にチェック。

 

 

カテゴリー: CentOS7 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です