CentOS7 「httpd+phpインストール・設定」

httpd+phpインストール・設定

※CentOS7関連のインストール・設定については「CentOSで自宅サーバー様」を参考に自分の環境に合わせて設定しています。

●httpdインストール
# yum -y install httpd
# yum -y install php php-mbstring php-mysql php-gd

・WordPress等のPHP上でjpg,pngのサムネイルを表示できるようにする場合
GDライブラリ群のインストールを確認(インストールされていれば表示される)
# rpm -qa gd
# rpm -qa | grep -e freetype -e freetype-devel
# rpm -qa | grep -e libjpeg -e libjpeg-devel
# rpm -qa | grep -e libpng -e libpng-devel

・上記で未インストールのものをインストール
# yum -y install gd
# yum -y install freetype
# yum -y install freetype-devel
# yum -y install libjpeg
# yum -y install libjpeg-devel
# yum -y install libpng
# yum -y install libpng-devel

・画像UP掲示板等、cgi上でサムネイルを表示させる場合
Image::Magickインストール
# yum -y install ImageMagick
# yum -y install ImageMagick-devel
# yum -y install ImageMagick-perl

・httpd設定
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

#ServerName www.example.com:80

ServerName vicsfactory.com:80 (サーバー名)

<Directory “/var/www/html”>
Options Indexes FollowSymLinks

Options Includes ExecCGI FollowSymLinks

AllowOverride None

AllowOverride All

AddDefaultCharset UTF-8

#AddDefaultCharset UTF-8

#AddHandler cgi-script .cgi

AddHandler cgi-script .cgi .pl

・perlの設定(cgiスクリプトでperlへのパスが/usr/bin/perlでも/usr/local/bin/perlでも使えるようにする)
# ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl

●php設定
# vi /etc/php.ini
# output_handler =

output_handler = mb_output_handler

memory_limit = 128M

memory_limit = (使用環境に合わせて変更)

post_max_size = 8M

post_max_size = (使用環境に合わせて変更)

default_charset = Shit_JIS または UTF-8

upload_max_size = 2M

upload_max_size = (使用環境に合わせて変更)

mbstring.language = Japanese

mbstring.internal_encoding = UTF-8 (phpスクリプトがUTF-8の場合)

mbstring.http_input = auto

mbstring.http_output = SJIS (使用環境に合わせて変更)

mbstring.encoding_translation = On

mbstring.detect_order = auto

mbstring.substitute_character = none;

●WEBサーバー使用者(ユーザ:vic、ホームディレクトリ:/var/www/html)を登録(SSHログイン不可)
※このユーザをメールアカウントにも使う場合はメールサーバー構築後に登録する
# user add -s /sbin/nologin -d /var/www/html vic
# passwd vic
パスワード入力(何も表示されません)
パスワード再入力(何も表示されません)

●ドキュメントルートの所有者をvicに変更
# chown -R vic. /var/www/html/

●httpd起動
# systemctl start httpd

●httpd自動起動設定
# systemctl enable httpd

 

※ルーターでTCP80番をサーバーに通すように設定する

 

カテゴリー: CentOS7 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です